派遣法改正後の人材派遣業界はどうなるのか

◆派遣法改正前に“派遣はNO”の結論

 大手派遣先企業においては、派遣法改正前に“派遣はNO”という企業が増えつつあります。つまり、「派遣契約禁止」を打ち出している企業は相当数に上りつつあるのです。と言うのも、現状では人材派遣業界が従来に戻れることは皆無の様相になってきているからです。この現状に対し、“景気が戻れば・・”等と甘い期待を抱いている派遣会社が存在するのならば、時代錯誤というほかありません。

◆派遣先は“直接雇用”か“請負”へ

 金融不況から脱却して復活の兆しを見せている企業は、“直接雇用”や“請負”へと方向性を明確にしてきています。なぜならば、1日でも早い“請負化”への転換が求められる人材派遣業界であることは、誰が見ても明白だからです。

★5月度『請負化推進セミナー』開催のご案内

同セミナーの「開催日」及び「開催場所」は下記のとおりです。
◇【名古屋】5/18(火)
 「Time Office名駅(タイムオフィス)」
  (名古屋市中村区名駅)
◇【大 阪】5/20(木)
 「新大阪トラストタワー」
  (大阪市淀川区宮原)
◇【東 京】5/26(水)
 「八重洲ダイビル」
  (東京都中央区京橋)
●詳細情報は下記URLをご覧ください。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/
●セミナーのお申込みは、下記URLよりお願い致します。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1005.pdf