「労働者派遣法」に対する政府の無責任な対応

◆政府の無責任な対応に振り回される「労働者と派遣先企業」

 政府の無責任な対応に、派遣先企業が振り回されています。自民党時代から続く同法改正案で、「日雇い派遣の原則禁止」や「製造業務派遣の原則禁止」を謳い、数度に亘る継続審議扱いのまま、先行きは不透明です。その上、何ら根拠も無く、ひとたび社会問題となれば「禁止だ・・」等と言い出す流れは、桝添元厚生労働大臣時代から続いているのです。政府や国会議員は大した論議もせず、本当に派遣社員労働者の心情や派遣先企業のことを考えたことがあるのでしょうか?振り回されているのは、労働者と民間企業ばかりなのです。