厚生労働省 派遣法改正に対して“抵触日対応”では“請負”は困難

◆「請負化推進」するなら対応でなく根本的見直しが必要

 派遣法改正で“請負化推進”との声をよく耳にしますが、「請負化」はその場を繕うような“抵触日対応”では無理があります。と言うのは、現在の派遣先と派遣元の曖昧な理解で行われているからです。「請負」の実現は、一番に“独立性”が大きな鍵を握ります。その次は“区分”です。この2点を確実なものにすることが「請負化」なのです。派遣先と派遣元の間ではどうしても双方の利害が絡み、適正な判断がしづらいのです。

◆「請負化推進」には先ずは“請負”の正しい理解から

 一般的に「請負化推進」の重要点として、「機械の賃貸と出来高にすれば請負である」等と間違った認識が広がっています。これでは“偽装請負”になるだけで“適正な請負”は完成しません。派遣先と派遣元の「請負化のヒント」は、是非“請負化推進セミナー”で掴んでください。

★『請負化推進セミナー』開催のご案内

 ◆【3月10日(水)】13:30~15:30・・大 阪(会場)
 ◆【3月16日(火)】13:30~15:30・・東 京(会場)
 ◆【3月24日(水)】13:30~15:30・・名古屋(会場)
 ※詳細情報は下記URLをご覧ください。
  http://www.os-g.co.jp/seminar/
 ※セミナーのお申込みは、下記URLよりお願い致します。
  http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1003.pdf