平成23年(2011年) 派遣社員を通じた労働局による派遣法の適正化

◆労働局主催の『派遣労働者セミナー』の影響は

 平成23年(2011年)10月中旬以降、東京や大阪を中心に派遣社員を対象として、“派遣労働者セミナー”開催が予定されています。これが大きく影響を与えるのは、「政令26業務(専門26業務)」で、とりわけ「5号業務(事務用機器操作)」に当たります。なぜなら、派遣社員に「労働者派遣法」を解説するセミナーだからです。とくに厚生労働省や労働局が徹底している“26業務の適正化(厳格化)”については、相当厳しくなるものと予測します。派遣先及び派遣元企業に対する適正化から、今度は派遣社員を通じた適正化の徹底を目論み、「政令26業務(専門26業務)」の更なる縮小へ繋がって行くことを、派遣先及び派遣元企業は理解しておいていただきたいと思います。