派遣法改正により“エンジニア派遣(技術者派遣)”業界も縮小へ

◆派遣先の考え方に変化

 エンジニア派遣の業界においては、派遣法改正による影響は少ないと考えている派遣会社様が大半だと思います。今は金融不況で業績が落ち込んでいるだけだ等と、景気が回復すれば直ぐに復活すると考えられているのが一般的な意見です。
 しかし、現実はそんな簡単な問題ではないのです。開発業務においても、製造業務と同様に「海外への業務シフト」は加速して行きます。また、現在の派遣問題を“派遣=悪”という考えに基づき、派遣使用を禁止にする企業も出てきました。たとえ金融不況が回復しても、金融不況前の25%程度の規模に縮小していくものと考えます。

◆エンジニア派遣も生き残りは“請負”で

 今後は、単に“技術者”が存在しているだけの派遣では生き残りは不可能です。製造派遣と同様、“請負化推進”以外、進む道はあり得ないと認識してください。

★【派遣法改正をビジネスチャンスにするセミナー】開催のご案内

【開催日時】
●2月17日(水)東 京 「グリーンホール(旧エッサムホール)」
 (JR神田駅より徒歩3分)
●2月19日(金)名古屋 「愛知県産業労働センター(ウインクあいち)」
 (JR名古屋駅より徒歩2分)
●2月26日(金)大 阪 「新大阪トラストタワー」
 (JR新大阪駅より徒歩5分)
【主催】株式会社OS総研
※セミナー詳細・お申込みは、以下URLより宜しくお願い申し上げます。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/schedule_collabo1002.pdf