エンジニアリング子会社と「専ら派遣(インハウス派遣、グループ内派遣)」の関係と対応

◆エンジニアリング子会社と専ら派遣
 エンジニアリング子会社は、派遣法に照らせば、自ずと「専ら派遣」に該当してしまいます。今後の派遣法改正に照準を合わせて、業務を“請負化”する以外に生き残る道はありません。どのようにしても、派遣契約での業務継続が困難にならざるを得ません。なぜなら、他社(グループ外)への外販が困難だからです。外販の無いエンジニアリング子会社は派遣業務をすべて見直し、全業務請負化への切替えを早急に対応することが望ましいとご理解されるべきでしょう。
◆無料相談会
  派遣法改正を待たず、「専ら派遣」の解消対策は待ったなしです。下記URLでご案内しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
★【専ら派遣】の相談窓口
  http://www.os-g.co.jp/seminar  
★『請負化推進セミナー』開催のご案内
  http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_0909.pdf