急がれる派遣先の“製造派遣の請負化”推進 (請負シリーズ44)

◆急がれる「製造派遣請負化
 製造派遣の請負化が急務になってきました。もう待った無しの状態です。まして派遣法改正論議以降では遅すぎます。今日から方向転換し、“請負化推進”に大きく舵をきるべきです。
◆請負化の推進は“同一作業・同一賃金”への対策に
 請負化は派遣法対策としてでは無く、“同一作業・同一賃金”の対応策として推進すべきです。派遣先企業は“派遣法改正”をキーワードに動いていますが、派遣先にとって大きな影響を与えるのは、“同一作業・同一賃金”の論議なのです。
◆派遣先の専ら派遣会社の方針決定
 また、専ら派遣を子会社に抱えている企業として、今後の経営陣の方針決定が、企業の人員戦略に大きな影響を与えていくことになるでしょう。
【ご参照】
★「メーカー様の請負化推進プラン」
 http://www.os-g.co.jp/ukeoika/taisaku.html 
★「専ら派遣」の相談窓口        
 http://www.os-g.co.jp/seminar/
★「人材派遣会社様の請負化推進プラン」
 http://www.os-g.co.jp/osc/ukeoika/taisaku.html