厚生労働省 労働局の“政令26業務”への対応は“請負化”へ

◆“日本年金機構”の「5号業務」で事務派遣業界の方向性は明確に

 事務派遣業界における「政令26業務」は、この度の“日本年金機構”の問題で事務派遣業界に対する方向性を示したものと言えます。とくに「5号業務(事務用機器操作)」の“請負化”は、新しい事務派遣業界の流れになります。昨年来、“事務派遣業界も請負化へ”と当ブログで訴え続けたとおり、厚生労働省労働局が示した“請負化”への方向性に事務派遣業界も乗り遅れないよう“請負化推進”に真摯に取り組み、今まさに、人材派遣から“請負化”へ舵を切るべき時が到来したとの覚悟を持って臨んでください。

【ご参照】

●当ブログ記事(10/6/16日付)
 :『厚生労働省 内柔外剛の労働局対応 民間と同様にすべきでは』

★7月『請負化推進セミナー』開催のご案内

【開催日・会場】
◆7月27日(火)【名古屋】
 「Time Office名駅」
  (名古屋駅より徒歩約4分)
◆7月29日(木)【大 阪】
 「新大阪トラストタワー」
  (大阪駅より徒歩約5分)
◆8月 5日(木)【東 京】
 「八重洲ダイビル」
  (東京駅より徒歩約5分)
【詳細内容・お申込み】
●詳細は、
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/
●お申込みは、
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1007.pdf