《警告》2013年 特定派遣の認可で“登録型派遣(一般労働者派遣)は派遣法違反に”厚生労働省(労働局)

◆厚生労働省(労働局)の特定派遣会社に対する摘発(派遣法違反)は「特定派遣での一般労働者派遣」

 2013年になり、厚生労働省(労働局)による「特定派遣会社への行政処分(派遣法違反)」が相次いでいます。その原点は、「特定派遣会社が登録型派遣をしているのに、なぜ取り締まらないのか?」という人材派遣業界の内部告発にあるのです。一般労働者派遣事業者には、厳しい「資産要件」が設けられているのに対し、特定派遣は届出のみで、何の規制もないからです。厚生労働省による「資産要件の変更(2009年)」で、一般労働者派遣事業を返上し、特定派遣として事業を継続している企業が急増している現実も、それが背景にあるのです。派遣先企業も、特定派遣や一般労働者派遣を正しく理解し、受け入れをしていただきたいのです。