2013年 ソフトウェア業界は「厚生労働省(労働局)の強制指導(行政処分)」の増加に襲われる

◆ソフトウェア業界に“厚生労働省(労働局)がメス”

 2013年、厚生労働省(労働局)は、ソフトウェア業界の多層構造に対して「NO!」を突きつけているのです。その事由は、当該業界の多層構造の存在により、派遣法を含む労働関連法が遵守されていないからです。ソフトウェア業界では、“二重派遣や出向派遣”が平然と行われている実態があるのです。その上、派遣労働者の実体が、「個人事業主」 であったりもしている現実もあるのです。人材不足に苦しんでいるソフトウェア業界における「人材確保」に関しては、“他社との貸借が恒常化している”のが実態です。ソフトウェア業界には、この機会に全体を見直し、コンプライアンスチェックをして臨んでいただきたいのです。

◆社団法人全国請負化推進協議会

 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 E-mail:jimukyoku@ukeoi.jp
 URL :http://www.ukeoi.jp