2013年「期間従業員(期間工)採用」に苦戦する自動車業界が選択を迫られる“派遣継続の是非”

◆限界に来た「期間従業員の採用」

 2013年になり、自動車業界の期間従業員の採用は限界を迎えつつあります。“究極の人手不足”が続いているからです。直接要因は「リーマン・ショック」ですが、その影響で、期間従業員の労働者が“期間従業員離れ”をしてしまったのです。

◆選択は「正社員」か「派遣導入」か

 労働者を確保するには、新しい人材を確保する以外ないのです。その選択肢は、「正社員」か「派遣」しかありません。まだまだ将来が見えない中での正社員導入は困難であり、今後、“派遣”を導入するか否かが迫られているのです。