2013年 厚生労働省(労働局)の“特定派遣事業者適正化(厳格化)プラン”実施で“偽装・一般労働者派遣事業者”を一斉摘発(派遣法違反)へ

◆ターゲットは“特定派遣事業者”

 2013年は、厚生労働省(労働局)の“特定派遣事業者適正化プラン”実施により、特定派遣事業者の「行政処分(派遣法違反)」が急増することになります。

◆一般労働者派遣事業の「資産要件」により急増した特定派遣事業者

 一般労働者派遣事業者(登録型派遣)は、とりわけ2つの要因で「特定派遣」に切り替えているのです。ひとつは、「資産要件」の変更です。二つ目は、“社会保険の未加入問題”があるのです。一般労働者派遣には許可更新があり、更新時に社会保険の加入状況を求められる為、更新のない「特定派遣」に切り替えているというのが実態です。従って、すべての特定派遣会社に「立入調査」が行われることになるのです。