政令26(専門26)業務 5号業務 終わらない行政処分

◆26業務の行政指導はエンドレス

 厚生労働省の「適正化プラン」キャンペーンが終了し、派遣先企業や派遣元企業は一安心と思っている企業もあるようですが、労働局の「5号・8号」業務等への監視の目は、まだまだ継続するのです。それは、派遣労働者が自らの業務に“違和感”を覚え、“労働局への告発”が後を絶たないことが終焉しない事由と考えられます。派遣労働者から告発を受けた労働局は、その派遣元企業に取引先リストの提出を求め、当該派遣労働者の派遣先企業に立ち入りして来ています。まさに、その派遣労働者を狙い打ちした“実態調査”にほかありません。裏付けに基づいた“立入調査”ですから、一発で行政指導となるのです。企業内で、正しいコンプライアンス“派遣法の理解”をしていただきたいものです。

★『派遣法改正をビジネスチャンスにするセミナー』開催のご案内

 講師:【木村大樹氏プロフィール】
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/spk_kimura/
“労働局では教えてくれない請負”
【開催日・場所】
◆6月18日(金)【名古屋】
 「ウインクあいち(愛知県産業労働センター)」
  (名古屋駅より徒歩約3分)
◆6月25日(金)【大 阪】
 「新大阪トラストタワー」
  (新大阪駅より徒歩約5分)
◆6月30日(水)【東 京】
 「TKP大手町カンファレンスセンター」
  (大手町駅より徒歩1分)
【主催】株式会社OS総研
★当「セミナー詳細」及び「お申込み」は、下記URLより宜しくお願い申し上げます。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1006_2.pdf