2013年 人材派遣業界が取り組むべき課題は「派遣法再改正による緩和」ではなく“派遣労働者の待遇改善”

◆人材派遣会社は“派遣労働者の代弁者”

 厚生労働省主導の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」で論議が続いていますが、業界団体からは、規制緩和を勝ち取るべく活動をしているのです。しかしながら、今の人材派遣業界で規制緩和されても、人材派遣業界に“復活はない”のです。それは、派遣で働く労働者(派遣社員)が、“派遣離れ”をしていることに気づいていないからです。人材派遣業界の課題は「制度」ではなく、“派遣労働者の待遇改善”である、と誰も主張できない業界に先はないのです。