2013年の人材派遣業界の業績低迷は“派遣労働者(派遣社員)の離職(派遣離れ)”

◆仕事があっても業績は回復しない

 2013年、人材派遣業界の業績低迷が続いています。人材派遣会社に仕事の発注が出ているにも関わらず、低迷しているのです。その背景には、“派遣労働者の派遣離れ”があるからです。この現実を踏まえないで、「人が集まらない」と嘆いている人材派遣会社が数多くあるのです。翻って、それは「人材派遣業界に魅力がなくなっている」と理解していただきたいのです。自らの魅力低下を棚上げし、「人が集まらない」と嘆いているのは、おこがましい限りです。“魅力ある待遇や条件”にはどうすべきか、を人材派遣業界には求めたいのです。