2013年 厚生労働省「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」が論議すべきは“紹介予定派遣”では

◆労働者が望んでいるのは「紹介予定派遣」

 厚生労働省の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」で、労働者派遣を論議していること自体が労働者のことを考えていないと思います。むしろ、求職者の多くが望んでいるのは「紹介予定派遣」なのです。しかしながら、紹介予定派遣の求人は、皆無に等しい状況です。つまり、現状を見る限り、求職者が望む制度になっていないと言えます。“派遣離れ”した制度を議論することに、何の意味があるのか理解できません。厚生労働省や有識者会議では、もっと意義のあることを論議してもらいたいのです。世界の先進国では、派遣と言えば「紹介予定派遣」の時代です。日本では、なぜ受け入れられないかを論議していただきたいのです。