2013年 厚生労働省の有識者会議(今後の労働者派遣制度の在り方)で求められる論議は“派遣労働者の賃金”では?

◆労働者派遣が否定された要因は“派遣労働者の賃金下落(格差拡大)”

 厚生労働省の有識者会議で派遣制度の不備を論議されているようですが、そんな論議は意味がありません。労働者派遣の問題の根底は、“賃金の下落”にあるからです。労働者には、「人材派遣」という働き方は受け入れられたのです。しかし、“賃金の下落(格差拡大)”で、社会問題化したのです。それなのに、派遣制度の問題として有識者会議を実施している厚生労働省は、派遣労働者の本意をきちんと理解していないのです。有識者会議では、「派遣労働者の賃金」についてもしっかりと議論していたただきたいと考えます。