2013年 派遣先企業の本社と事業所の意見が相違している「派遣・請負・契約社員」の考え方

◆本社と事業所の意見が合わない「派遣か請負か調節雇用か」

 2012年施行の『改正労働者派遣法』、そして2013年施行の『改正労働契約法』により、企業の人事戦略に様々な変化が出てきています。即ち、間接的な本社と直接的な事業所では、相当な温度差があります。換言すれば、派遣先企業における“リスク”を間接的に感じているか、あるいは直接的に感じているのかの違いです。

◆トラブルを招きかねない“意見の相違”

 問題は、企業として派遣・請負・契約社員(直接雇用)に関し、それぞれのリスクに対する考え方です。

◆オブサーバーとして会議に参加します

 危機迫っている見えないリスクについて、自社内でいくら論議しても絵空事に過ぎません。他企業の動向も踏まえ、貴社のミーティングにオブザーバーとして参加して助言致しますので、どうぞお気軽にお問合わせください。

【お問合わせ先】

◆社団法人全国請負化推進協議会
 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 E-mail:jimukyoku@ukeoi.jp
 URL :http://www.ukeoi.jp