《注意》2013年に始まった厚生労働省(労働局)による“特定派遣会社の適正化”を目的とした行政指導(行政処分)は急増

◆厚生労働省(労働局)による“特定派遣業界の適正化”

 2013年、厚生労働省(労働局)は委員会で特定派遣業界の見直しを進める一方、“特定派遣業界の適正化”を目的とした「行政指導」を強化しているのです。

◆特定派遣業界の問題点

 特定派遣業界には、大きく二つの問題点があります。そのひとつは、特定労働者派遣事業の認可を受けたにもかかわらず、一般労働者派遣事業を行っていること。もうひとつは、技術者派遣会社(エンジニア派遣会社)の多重構造による「二重派遣」や「偽装請負」、そして「出向契約」の存在があるのです。今、厚生労働省(労働局)は、“特定派遣会社の適正化プラン”を実施している状態と言えるのです。