「労働者と派遣先(メーカー)の存在ありき」で成り立つ“人材派遣業界(人材ビジネス業界)”

◆忘れていけないのは“主役は労働者&派遣先企業”

 人材派遣業界(人材ビジネス業界)は、決して忘れていけないことがあります。それは、人材派遣業界が“労働者と派遣先企業の存在があって、初めて成り立つビジネスモデルである”ということです。

◆業界団体は「労働者と派遣先企業」の存在に配慮を

 業界団体は、「労働者を保護する為にどうするのか、派遣先企業を保護する為にどうするのか」を真摯に考えていただきたいのです。業界自らの為の活動だけでは意味が無いのです。「労働者と派遣先企業の存在」に配慮する業界団体であることが重要と考えます。