先が見えないための「派遣」 そして将来的には“請負”

◆期間限定は「派遣」で、ローコストオペレーションは“請負”

 外部人材派遣の活用で、派遣先企業が最も勘違いしているのは、「人材派遣」を“コスト削減の目的”として利用していることにあるのです。簡潔に言えば、期間限定業務(3年以内)は派遣契約で、コスト削減を目的にするならば“請負”になるのです。長期的業務のローコストオペレーションを目指すところに矛盾が生じ、ひいては“派遣法違反”に問われることになるのです。趣旨と目的を明確にし、「派遣」と“請負”の正しい使い分けをしていただきたいものです。

★平成23年(2011年)11月度:第15回『請負化推進セミナー』開催のご案内

【開催日時・会場】
◆11月22日(火)【大 阪】ネット・カンファレンス大阪
 (ニッセイ新大阪ビル:新大阪駅より徒歩約5分)
◆11月25日(金)【名古屋】名古屋会議室 プライムセントラルタワー名古屋駅前店
 (名古屋プライムセントラルタワー:名古屋駅より徒歩約5分)
◆11月29日(火)【東 京】八重洲ダイビル貸会議室
 (八重洲ダイビル:東京駅より徒歩約5分)
【詳細・お申込み】下記URLよりご覧ください。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/