人材派遣業界を襲う“人手不足による減収減益”の恐怖

◆人材派遣業界を襲う「減収減益」の恐怖

 今、人材派遣業界は「人手不足」に喘いでいます。これが要因で、人材派遣業界は“減収減益の危機”に直面しているのです。現在の人材派遣業界においは、派遣先企業から大量のオーダーが出ています。ならば、増収増益ではないかと思われるのですが、現実は「人手不足」で採用が進展していないのです。それに伴い、「求人採用費」は高騰しているのです。また、既存の派遣社員は、厚遇の企業へ移行しつつあるのです。新規に派遣社員を採用・入社させても、既存社員の退職数に追いつかないという現実があるのです。派遣社員数の減少による減収、そして「求人採用費」の高騰で減益に陥ってしまったのです。今後は、人材派遣会社の高レベルな経営判断が、この窮地からの脱却を大きく左右することになるでしょう。