厚生労働省や労働局によるハローワークの“派遣業界締め出し”はいかがなものか

◆「ハローワーク」は求職者の為に

 厚生労働省や労働局は、「ハローワーク」を通して、人材派遣業界の新規求人に対して冷やかな対応をしています。つまり、人材派遣業界のみに「個別契約書」の提出を求めているのです。その結果、“人材派遣会社のハローワーク離れ”を引き起こしているのです。そして、届出済の求人に関しても、業界差別と思われる不適切な内容があるのです。本来、「ハローワーク」は求職者のものである筈です。「数多くの求人から最適な仕事を選択する」という環境を奪い去っているのではないでしょうか。厚生労働省の思惑で、求職者の権利を奪う行為には改善を望みたいものです。