派遣から請負へ切替えて「コストメリット」が出せないのは“発注手法ミス”

◆請負へ切替えてコストメリットが出ないなら“発注ミス”

 派遣先企業において、派遣契約から請負契約への切替え進んでいます。しかしながら、契約切替えに拘泥し、請負の最大メリットである“コストメリット”には手を付けていないのです。「請負(アウトソーシング)」に切替えてコストメリットが無いのは、最大のミスと言えます。

◆「生産性向上によるコストダウン」が追求されていない

 請負化による発注者のミスとは、請負会社に対して「生産性向上によるコストダウン」が想定されていない点にあるのです。発注者には、請負会社に対して生産性向上を求める契約手法が求められているのです。