派遣法違反は“派遣先企業の責任(直接雇用)”として労働局が行政指導

◆派遣法違反に伴う派遣先企業の対応

 厚生労働省や労働局により、派遣先企業の派遣法違反に関しては、確実に「派遣先企業の直接雇用」への指導となるのです。なぜなら、それが労働局の指導方針だからです。そして、厚生労働省は、こうした事由に基づく「直接雇用」への転換で、“労働者雇用の安定は維持されている”と胸を張っているのです。派遣先企業は、この現実を無視する訳にはいかないでしょう。