平成24年(2012年)に社会問題となる「契約社員(期間工)」の“雇止め”

◆「2012年問題」が社会問題に

 平成24年(2012年)には、所謂「2009年問題」で派遣社員から「契約社員」へ切り替えられた労働者が、3年(2年11ヶ月)を迎えるのです。その数、全国で数十万人にも上るのです。実際、「2009年問題」を懸念し、メーカーで契約社員を直接雇用した企業は多く、この「2012年問題」は大きな社会問題に発展することを懸念します。

◆難しい「雇入れ」と「雇止め」の同時並行

 企業として今回の最大問題は、「雇入れ」と「雇止め」が同時並行する難しさにあるのです。それをしっかりと理解していただきたいものです。

◆契約社員の「雇止め」に“再就職支援サービス”

 http://www.os-g.co.jp/seminar/saisyusyoku.pdf